Program制作

※近日改装予定です@暫定更新
プログラムの配布/販売をはじめました!
弊社では多くの独自プログラムを使用しています。その中から汎用性の高いモノをがんばって改良、公開しはじめました。
2016年6月アピア線形計算プログラム第1弾をリリースしました。
順次公開&改版していきますので、よろしくお願いします。

(Excel) 緯度経度−XY座標変換プログラム [フリー]
シンプルな相互&一括変換プログラム@人気です。
緯経データを扱う時にどうぞ。
2016年4月現在2万5千ダウンロード達成!
(Excel) DXF読込みプログラム [シェア]
DXF図面を読込み、パラメータの一覧出力・Excel図形化する。
座標一覧の作成など、情報抽出が便利。Excel図形化は資料作成に。
データが大きすぎると時間がかかります@要改善。
(Excel) 時間圏域 計算・作図プログラム [シェア]
調査データや配分結果を元に、時間圏域を計算・図化する。
社内では交通計画業務の必須ツールになっている自信作です!
機能拡張版をご用意しました。
時間圏域、最短経路図化、複数始点、特定リンク除外、境界線トレース、海岸線登録など
お問い合わせください -> 資料&注文書ダウンロード
(Excel) 線形計算プログラム [シェア] ご好評いただいています!
エレメント固定法、IP法、座標読取法、片押法で、線形再現から検討までできます。
中間点出力は、中心線、平行拡幅線のXY出力ができます。
線形図では、主要点、平行拡幅線、軌跡走行まで可能です。
エレメント固定法の簡単線形検討方法を解説資料を用意しました(更に充実予定)
Excelベースで簡単操作、Excelさえ入っていれば、どこでもどなたにも使えます。
お問い合わせください -> 資料&注文書ダウンロード

順次ご注文を頂いており、発送を開始いたしました。
予想外に、最大手コンサルタント会社様の数社複数支店様からご注文をいただき、
コンサルタント会社様、測量設計会社様、協力会社様など、幅広くご注文を頂いております。

今後の予定として
8月頃には、いくつか修正・改善をいれる予定です。
・軌跡が始点-終点方向にしか描けないため、逆向きに対応
・パラメータ計算用などのFunction(計算用の関数)を一部公開
(例えば、各種クロソイドパラメータの算出やX1,Y1,X2,Y2,R から始点方向角を算定など)
不具合報告やご意見も頂ければ、反映していきたいと思っています
また、製品に添付する「線形解説資料」「線形検証資料」が、社内で不評でございましたので、
作り直す予定です。

Vectorでご購入のお客様へ
Vectorでも、プログラムの入替できますが、修正通知・入替プログラムの配信を希望する場合、
当社まで、お客様登録(メールで会社名、担当者名、メールアドレスの連絡)をお願いします。
(Vectorでの購入の場合、当社にお客様情報の通知がありませんので)

お問合せおよび、ご注文、お客様登録は、
E-Mail  prog@apia.jp


線形計算プログラムリリースに伴い、より便利にお使いいただくため、ブログを準備中です。
エレメント固定法の解説、座標計算照査結果、使い方や応用などの質問等にお応えします。
7月初旬までに記事を充実いたします(開設済みです)。しばらくお待ちください。


プログラムについて
 基本的に全てExcelベースによるプログラムです。
 このメリットは、操作性、データハンドリング(数値のカット&ペースト)が容易です。
 デメリットは、コピーフリーになることです。
 基本的に1事業所1プログラム購入でご利用いただけますようお願いいたします。
 (価格はプログラム開発支援費用とお思い下さればありがたいです)

 Excelマクロだけでここまで出来ます(DXF読込み自動設計-未製品プログラムです)
    
 ご支援のほど、宜しくお願い申しあげます。

※暫定更新ここまで。以下、旧コンテンツ



          
◇Program制作◇
 弊社では、道路設計・交通量推計・プローブデータ解析業務などの作業で各種Pragramを作成し信頼性、効率化を図っております。
 手計算では不可能なものや手作業では時間を要するものなど、中には1カ月要するものを僅かな時間で処理できるものあります。
 ここで紹介するProgramは、これまで作成した中の一部を皆様にご提供可能のまとめたものです。お客様環境へのカスタマイズ、お客様作業内容に合わせたProgram制作等、お気軽にご相談ください。

Program一覧
 1.緯度経度から土木座標変換Program
 2.Autocad図面からExcel図形に変換
 3.線形離れ計算結果の編集・Autocad作図 (単離隔)
 4.線形離れ計算結果の編集・Autocad作図 (複離隔)

 5.1/200詳細図出力Program
 6.法記号の作図
 7.首都高速道路向け縦断図・建築限界座標計算Program

      
※カスタマイズ、Program制作は別途見積りいたします。
 (概ね、弊社低価格によるものです)


◇緯度経度から土木座標変換Program◇
プログーカーなどの緯度経度を土木座標系に変換します。
<入力>

<出力>


Programは、Web上で計算できます。
ご自由にお使いください


※本programは予告なく変更する場合がありま。
※計算結果の影響については、責任を負いかねますのでご了承ください。
※お気付きの点がございましたら、弊社までご連絡ください。

      
>http://a8080.sub.jp/apia/deg2xy.cgi


Autocad図面からExcel図形に変換
報告書模式図等のAutocad図面をExcel図形に変換します。
<入力-Autocad図面>                     ※画像をクリックすると拡大します

<出力-Excel図形>                      ※画像をクリックすると拡大します


変換ではAutocadコマンドの制限がございますので、ご自由にお問い合せください。

※本programのAutocad出力ははお客様環境へのカスタマイズが必要です。
※お気付きの点がございましたら、弊社までご連絡ください。

      
 



◇線形離れ計算結果の編集・Autocad作図(単離隔)◇
線形離れ計算結果をExcel表形式に編集、結果をAutocadに直接出力します。
手順1.線形間の離れ計算結果をExcelに出力します
   2.編集Program実行により左(主)-右(対象)に編集します。
   3.Autocad出力Program実行により、現在開いているAutocad図面に直接出力します。

<線形離れ計算>
線形間の離れ計算結果(Excel出力)

<出力>
左側に主線形ー右側に対象線形の形式で編集します。  ※画像をクリックすると拡大します

<出力>
Excelから直接Autocadに離隔線、離隔値を出力します(色・文字サイズ等指示可)。
                                     ※画像をクリックすると拡大します

※指示離隔による色変え(例えば離隔10m以下:赤色、10m以上:青色)等
  お客様毎のカスタマイズが可能です

※本programのAutocad出力ははお客様環境へのカスタマイズが必要です。
※お気付きの点がございましたら、弊社までご連絡ください。

      
 



◇線形離れ計算結果の編集・Autocad作図(複離隔)◇
線形離れ計算結果をExcel表形式に編集、結果をAutocadに直接出力します。
手順1.横断線等の離れ計算結果をExcelに出力します
   2.編集Program実行により測点毎の断面形式に編集します。
   3.Autocad出力Program実行により、現在開いているAutocad図面に直接出力します。

<線形離れ計算>
横断線等の離れ計算結果(Excel出力)

<出力>
測点毎の断面形式に編集します。               ※画像をクリックすると拡大します

離隔・単幅は主線の左側から順に編集、複数断面、平行線の混合も可能です

<出力>
Excelから直接Autocadに幅員、高さ、測点、勾配を出力します(色・文字サイズ等指示可)。
 ※画像をクリックすると拡大します

※横断勾配は、出力位置の指示が必要(横断線上、線間の指示)です。
  また、お客様毎のカスタマイズが可能です

※本programのAutocad出力ははお客様環境へのカスタマイズが必要です。
※お気付きの点がございましたら、弊社までご連絡ください。

      
 



◇法面記号の作図◇
現況平面図面の法記号を作図します。
<作図手順>

 
 Autocad上から、
   1.上段、下段のポリライン(Line、PolyLine、2DPolyLine、3DPolyLine)を指示
   2.作図基準位置(中央(default)、始点側、終点側、距離)の指示
   これだけで、作図します。

 
また、お客様毎のカスタマイズが可能です
  

※本programのAutocad出力ははお客様環境へのカスタマイズが必要です。
※お気付きの点がございましたら、弊社までご連絡ください。